自宅があるだけで!太陽光発電とは?

屋根に設置する以外に庭にも設置可能です

戸建て住宅を持っている人ならば、屋根には瓦が乗っているだけというケースも珍しくありません。屋根は年間を通して太陽光が当たり続けるので、太陽光発電パネルを設置する条件として適しています。どの家でもベランダに洗濯物を干すために日照には拘って設計しているわけですから、屋根に太陽光が当たらないことはほとんど無いからです。 庭にも太陽光が常時当たるのであれば、屋根に設置する住宅用太陽光発電パネル以外に産業用太陽光発電パネルを設置して、電力会社と売電契約を結ぶことも出来ます。太陽光発電パネル自体の寿命は20年以上と長いので、パワーコンディショナーの交換に気をつければ十分予定利回りを稼げます。住宅ローンがある場合には繰り上げ返済にも役立つので、積極的に検討する人が増えているわけです。

住宅用と産業用太陽光発電パネル

屋根の上に取り付ける住宅用太陽光発電パネルは、一般的なローンを組み導入することが可能です。年々太陽光パネルの性能向上が見込まれているので、これから太陽光発電投資を行う場合には効率が良い太陽光パネルを設置出来る点で恵まれています。 土地が余っている場合などでは、産業用太陽光発電パネルを設置して本格的な投資を行う事が出来ます。地方に行くとよく見かける産業用太陽光パネルは、自己資金で行うケースが多いことは確かです。なぜなら、地方に設置されている産業用太陽光パネルは、設置されている土地の価格が居住用とは異なり安いので、担保としては不十分と考えられるために銀行融資を受けにくい状況にあります。住宅の庭に設置する場合であれば、地価が高いので担保として提供できれば融資を受けられるので投資に向いているでしょう。