使っていない広い土地を太陽光発電に利用しよう!

管理の手間をかけるくらいなら活用しませんか

農業をやるわけでもなく草が生えているだけで手に余る、売るにしても二束三文にしかならないから買い手もつかない。そんな土地を持て余していたりはしませんか。土地の価格が安ければ税金は安いのですが、持っているだけで得にもならない土地への投資方法として太陽光発電事業への参加が増えているんです。 もちろん投資ですから、初期投資もあればリスクもあります。ですが、その二つが他の活用方法に比べて少なくて済むとなればどうでしょう。一番怖いのが収支のバランスが崩れてしまうのではないかというリスクです。投資の回収ができずに返済額の方が大きければ大損になってしまいますが、太陽光発電事業であればそのリスクを大幅に小さくすることができるのです。

売電価格が下がっているが

少し調べてみれば電力会社による電力の買取価格は年々落ちていっている傾向にあることがわかります。そうなると投資をする意味があるのだろうかと不安にもなってしまいます。同じ電力量でも収入が少なくなることを意味しているので、投資と考えれば警戒をするのも無理のない話です。 ですが、逆に考えればそれだけ業界が成熟しつつあることでもあるのです。その意味は設備投資の額となって現れてきているのです。 太陽光発電事業の加熱と共に、設備を製造するメーカーも多様になり品質と価格を競っている状態ですので、その結果設備投資の費用が大きく下がることになりました。これはそのままリスクの大幅な現象にもなるのです。低リスク低リターンということになりますが、ただ何もない土地を余らせておくよりはお得なのではないでしょうか。