自然の恵み!太陽光発電とは?

太陽電池は半導体で出来ています

太陽光発電は太陽電池に降り注ぐ太陽エネルギーを電気エネルギーに変換する事で発電が出来る画期的なシステムです。 太陽電池は太陽光モジュールやソーラーパネルと言った幾つかの呼び名が在りますが、太陽電池は半導体素子で出来ているもので、内部にはN型半導体とP型半導体の2つが在り、太陽の光が注がれることで2つの電子が反発しあい、電気を発生させると言った仕組みになります。 尚、太陽電池は電気エネルギーとして変換する装置で、太陽電池で電気エネルギーに変換された電気はDC電源であり、そのままでは住居内で利用が出来ません。 そこで、住居内で利用する事が出来る電気に変換する装置がパワーコンディショナーで、DC電源をAC電源に変換する事で住居内のエアコン、テレビ、冷蔵庫、照明などの電気として利用が出来るようになります。

太陽電池は直列に接続されています

住宅の屋根の上に複数の太陽電池を設置する事で住居内の電力、電力会社に売電することが出来るようになりますが、太陽電池で発電された電力は、それぞれの太陽電池から接続箱と呼ばれている電気を集める装置に送電されることになります。 また、それぞれの太陽電池から送られてくる電気は直列に接続されることで、乾電池の直列繋ぎと同じように電圧を上げる事が出来るようになると言う仕組みになっています。 尚、太陽電池は晴れている時は勿論の事、曇り空の時でも発電効率は下がりますが発電は可能になること、夏場よりも秋や春などの時期に発電効率が高くなると言われています。 これは、夏場の屋根の表面温度が高温度に達することからも、夏時期は春や秋と比べると効率が下がると言われているのです。